「 車両動向 」の記事一覧

スポンサーリンク
「あずさ」「かいじ」もE353系に置き換え、「踊り子」へE257系転用

「あずさ」「かいじ」もE353系に置き換え、「踊り子」へE257系転用

7月1日よりJR中央線の特急「あずさ」「かいじ」でもE353系の運転開始が発表。また現在使用しているE257系は東海道線に導入することも発表されました。E353系の追加投入により、中央線と東海道線特急車両の世代交代が今後一気に進みそうです。

20000系は日光線・宇都宮線へ転出、2020年春・急行が運河~船橋間で運転と発表~2018年度東武設備投資計画~

20000系は日光線・宇都宮線へ転出、2020年春・急行が運河~船橋間で運転と発表~2018年度東武設備投資計画~

東武鉄道が2018年度の設備投資計画を発表。日比谷線直通車両は20000系から70000系へ置き換えが進み、20000系は日光線・宇都宮線へ転出し今夏運転開始予定です。東武アーバンパークライン六実~逆井間の複線化が完成する2020年春には、同区間を含む運河~船橋間での急行列車の運転も発表されました。

代々木八幡・開成のホームを10両化~2018年度小田急設備投資計画~2本目のGSE投入も

代々木八幡・開成のホームを10両化~2018年度小田急設備投資計画~2本目のGSE投入も

小田急が2018年度の設備投資計画を発表。3月運転開始のロマンスカーGSEは2本目を投入、3000形8両編成の10両編成化、代々木八幡駅と開成駅のホーム延伸などが主な内容です。代々木八幡駅のホーム延伸で各駅停車が10両編成で運転できるようになり、開成駅のホーム延伸で快速急行・急行の停車を目指します。

中央線グリーン車、ついに2023年度末に導入決定。普通車にトイレも設置へ

中央線グリーン車、ついに2023年度末に導入決定。普通車にトイレも設置へ

延期となっていたJR中央線快速電車へのグリーン車連結が、2023年度末開始と発表されました。グリーン車には中央線の混雑対応で両開きドアを採用。あわせて普通車へのトイレ設置も発表されました。