「あずさ」「かいじ」もE353系に置き換え、「踊り子」へE257系転用

てつトピてつコラム列車車両

JR東日本長野支社が、7月より中央線の特急「あずさ」「かいじ」でE353系の運転開始を発表しました。

また、現在使用しているE257系は東海道線に導入することもわかりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

E353系を9両編成7本導入、「あずさ」「かいじ」の一部を置き換え

JR東日本E353系 特急 スーパーあずさ4号 新宿行き 長モトS203編成 クモハE353-3 @八王子 17-12-30

JR東日本E353系 特急 スーパーあずさ4号 新宿行き 長モトS203編成 クモハE353-3 @八王子 17-12-30

JR東日本長野支社は、2018年7月1日(日)より特急「あずさ」「かいじ」の一部列車にて、現在使用中のE257系から新型のE353系に置き換えることを2018年5月16日(水)に発表しました。

E353系は新たに9両編成が7本投入され、「あずさ」は10往復中3往復、「かいじ」は12往復中9往復でE353系による運転となります。E353系による「あずさ」は全列車が新宿~松本間の運転です。

今回の発表は使用車両の置き換えのみで、運転時刻は変更されません。

E353系に置き換わる列車

今回発表されたE353系は9両編成のため、現在11両編成で運転されている「あずさ」「かいじ」は、全列車引き続きE257系で運転されます。「あずさ」のうち、千葉発着の3号・30号、南小谷発着の3号・26号は11両運転(千葉・新宿~松本間)なので、7月以降もE257系です。

また、9両編成の列車のうち、「あずさ」7・25・10・24号、「かいじ」103・107・112・116号も、引き続きE257系による運転です。

その他の「あずさ」「かいじ」が7月よりE257系からE353系に置き換わります。

E257系は今後、東海道線へ

JR東日本E257系 特急 かいじ173号 小淵沢行き 長モトM-111編成 クハE256-111 @新宿 17-05-03

JR東日本E257系 特急 かいじ173号 小淵沢行き 長モトM-111編成 クハE256-111 @新宿 17-05-03

現在「あずさ」「かいじ」で使用されているE257系0番台は、リニューアルした上で東海道線へ導入することも発表されました。

リニューアル内容と、導入時期は未定ですが、特急「踊り子」に使用されるとみられます。

早ければ2019年春にも「あずさ」「かいじ」がE353系に、「踊り子」がE257系に統一か

現在E353系は9両編成が続々と投入され数を増やしていましたが、7月から「あずさ」「かいじ」での営業運転が発表されました。

E257系は9両編成が16本あるので、このままの投入ペースだと2019年春のダイヤ改正で「あずさ」「かいじ」がすべてE353系に置き換わりそうな勢いです。7月までに7本で、残り9本(16本-7本)を年内に投入するのは難しくなさそうだからです。

2019年春に中央線特急がE353系で車種が統一されれば、車両の違いがなくなるため「スーパーあずさ」の列車名も消滅しそうです。

E257系の東海道線投入の時期も気になります。リニューアル工事の内容次第ではありますが、E353系の投入ペースが速いために早ければ2019年春にはE257系が東海道線に投入されそうです。リニューアルの工数が少なければ「踊り子」も2019年春にすべてE257系に置き換わるかもしれません。もし来年は難しかったとしても、遅くともE261系の運転が開始される2020年春までには「踊り子」もE257系に置き換わるでしょう。

「踊り子」のE257系導入となると、現在は5両の付属編成で運転されている修善寺方面をどうするか問題になります。0番台の編成を組み替えるのか、余り気味の500番台を活用するのか、それとも列車自体廃止してしまうのかわかりませんが、こちらも早ければ2019年春のダイヤ改正時に明らかになりそうです。

伊豆観光の点を考えると修善寺踊り子の廃止は考えづらいですが、わずかな区間(熱海~三島間)を走るJR東海がE257系を受け入れるかどうかで存続が分かれそうです。

E353系の追加投入により、中央線と東海道線の特急車両の世代交代が今後一気に進みそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鉄道コムにブログ登録中。
当サイト以外の多彩な写真・模型などのブログ、イベント情報、公式リリースなどが見られます。

鉄道コム

この記事をシェア!
ゆけむりミルキーウェイの最新記事が届きます!
関連記事・広告



ゆけむりミルキーウェイ

コメント