「 車両 」の記事一覧

スポンサーリンク
「あずさ」「かいじ」もE353系に置き換え、「踊り子」へE257系転用

「あずさ」「かいじ」もE353系に置き換え、「踊り子」へE257系転用

7月1日よりJR中央線の特急「あずさ」「かいじ」でもE353系の運転開始が発表。また現在使用しているE257系は東海道線に導入することも発表されました。E353系の追加投入により、中央線と東海道線特急車両の世代交代が今後一気に進みそうです。

全車グリーン車の豪華新型特急車両E261系が2020年春、伊豆方面へ登場。

全車グリーン車の豪華新型特急車両E261系が2020年春、伊豆方面へ登場。

JR東日本が伊豆方面へ向けて新たな観光特急列車を運行、新型車両E261系を投入。全車グリーン車の豪華仕様で、伊豆の「本物の魅力」を発信します。独立2列シートの“プレミアムグリーン車”や麺専門の食堂車“ヌードルバー”も設置。現在主力の251系「スーパービュー踊り子」号の今後も注目されそうです。

残り1本の189系N102編成による「あずさ」、2018年のGWも運転

残り1本の189系N102編成による「あずさ」、2018年のGWも運転

毎年ゴールデンウィークになると中央線には臨時の特急列車が多数運転されます。その中の1本として、2018年の今年も189系による特急「あずさ」号が運転されました。残り1本となった189系、その姿を求めて多くの人が新宿駅に集まっていました。

代々木八幡・開成のホームを10両化~2018年度小田急設備投資計画~2本目のGSE投入も

代々木八幡・開成のホームを10両化~2018年度小田急設備投資計画~2本目のGSE投入も

小田急が2018年度の設備投資計画を発表。3月運転開始のロマンスカーGSEは2本目を投入、3000形8両編成の10両編成化、代々木八幡駅と開成駅のホーム延伸などが主な内容です。代々木八幡駅のホーム延伸で各駅停車が10両編成で運転できるようになり、開成駅のホーム延伸で快速急行・急行の停車を目指します。

待望の「ロマンスカーミュージアム」2021年春、海老名に開業

待望の「ロマンスカーミュージアム」2021年春、海老名に開業

小田急が歴代ロマンスカーを展示する博物館「ロマンスカーミュージアム」の開設を発表しました。開業は2021年春を予定。日本の鉄道史上でも時代を切り拓いたSE車など、名車が勢ぞろいします。2017年には保存車両解体の噂も出回りましたが、ミュージアム開設で保存場所問題も解決しそうです。