JRのきっぷの「京都市内」とは? 範囲の違いや使い方など、わかりやすく解説

きっぷ

京都への観光やビジネスで、京都駅まで行こうときっぷ(乗車券)を買うと、きっぷには「京都市内」と書かれていることがあります。

この「京都市内」とはどこの駅のことを指すのか、JRのきっぷでの「京都市内」について解説します。知っておけば、嵯峨野・嵐山など行くときにちょっとラクになるかも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JRの「京都市内」の範囲

JRのきっぷに表示されている「京都市内」は、実際の京都市に位置するJR線の駅とほぼ一致します。

JRの「京都市内」の駅は、具体的には下の地図の中で、白丸になっている駅です。

京都駅だけ二重丸(◎)になっていますが、これはJRの「京都市内」の駅の中心となる駅を表しています。

保津峡駅は京都市内にありませんが、現在の線路に切り替わる以前は京都市内に位置していたので、現在位置(亀岡市)に移転後もひきつづき「京都市内」の駅の範囲に入っています。なお、旧・保津峡駅は、現在は嵯峨野観光鉄道(嵯峨野トロッコ列車)のトロッコ保津峡駅になっています。

京都市内の駅の目印

Photo by そらみみ (2013) [CC BY-SA 3.0]
京都駅(JR京都線/琵琶湖線)の駅名標(13-11-19、改変あり)

JRの「京都市内」の駅には、ホーム上に目印があります。

ホームには駅名が書かれた看板・駅名標があります。駅名標には、その駅名や次の駅が表示されたものです。

駅名標の右側に、四角囲みで「京」と表示されているのが見えると思います。

これが「『京都市内』の駅です」と案内している目印です。

駅の外には表示がないので、乗るときはわからないかもしれません。しかし「京都市内」の範囲内の駅できっぷを買おうとすると、「京都市内」となる条件を満たしていれば、ほぼ自動的に「京都市内」からのきっぷになります。

通常のきっぷとの違い

券売機で買う近距離のきっぷでは、「京都→120円区間」などと書かれています。たいていは「京都」駅などと具体的に表示されていますが、条件を満たすと「京都市内」発着のきっぷとなります。

「京都市内」のどの駅でも乗下車可能

「京都市内」と表示されたきっぷは、「京都市内」のどの駅から乗って(下りて)もOKです。

「京都市内→○○」のきっぷを持っていれば、京都駅・嵯峨嵐山駅など、「京都市内」のどの駅からでも乗ることができます。

「京都市内」発着のきっぷ(乗車券)の値段は、京都駅からの距離で決まります。「京都市内」の範囲内のどの駅からでも(京都駅と)同じ値段です。

「京都市内」発着のきっぷを持っていれば、例えば嵯峨野の玄関口・嵯峨嵐山駅や、伏見稲荷大社最寄りの稲荷駅へ直接行けます。京都駅でJRを降りてバスなどで向かう必要がなくて済みます。

「京都市内」発着となる条件

「京都市内」の中心となる京都駅から200キロを超えた距離(正確には営業キロまたは運賃計算キロ)にある駅と、「京都市内」の駅との間のきっぷが対象になります。

京都駅から200キロ超とは、新幹線では豊橋駅と岡山駅。在来線を含む主な路線では以下の駅と、そこから先の駅になります。

  • 山陽本線:瀬戸駅
  • 山陽新幹線:岡山駅
  • 東海道本線・東京方面:三河塩津駅
  • 東海道新幹線・東京方面:豊橋駅
  • 山陰本線(亀岡経由):居組駅
  • 山陰本線(姫路・智頭急行線経由):下北条駅※1
  • 紀勢本線(新大阪・天王寺経由):南部駅
  • 北陸本線(近江今津経由):能美根上駅
  • 高山本線(岐阜経由):焼石駅
  • 中央本線(名古屋経由):釜戸駅

※1:別途、智頭急行線の運賃(おとな1,300円)が必要です

同じような範囲は他にはどこにある?

このようなルールは「特定都区市内」制度といい、「京都市内」を含めて全国で11ヶ所あります。

特定都区市内制度について、適用条件、途中下車のルールなど、くわしくは「特定都区市内制度とは?」のページへどうぞ。

JRの「特定都区市内」制度とは?~きっぷの「新大阪」発と「大阪市内」発の違い ~
JRのきっぷには、「東京都区内」「大阪市内」「広島市内」と書かれている場合と、「新大阪」「岡山」と具体的に駅名が書かれている場合があります。 例えば、新大阪駅から岡山駅までのきっぷを買うと、「新大阪→岡山」と表示されているのに、新大阪...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

鉄道コムにブログ登録中。
当サイト以外の多彩な写真・模型などのブログ、イベント情報、公式リリースなどが見られます。

鉄道コム

この記事をシェア!
ゆけむりミルキーウェイの最新記事が届きます!
関連記事・広告



ゆけむりミルキーウェイ

コメント