「 JR東日本 」の記事一覧

スポンサーリンク
「あずさ」「かいじ」もE353系に置き換え、「踊り子」へE257系転用

「あずさ」「かいじ」もE353系に置き換え、「踊り子」へE257系転用

7月1日よりJR中央線の特急「あずさ」「かいじ」でもE353系の運転開始が発表。また現在使用しているE257系は東海道線に導入することも発表されました。E353系の追加投入により、中央線と東海道線特急車両の世代交代が今後一気に進みそうです。

全車グリーン車の豪華新型特急車両E261系が2020年春、伊豆方面へ登場。

全車グリーン車の豪華新型特急車両E261系が2020年春、伊豆方面へ登場。

JR東日本が伊豆方面へ向けて新たな観光特急列車を運行、新型車両E261系を投入。全車グリーン車の豪華仕様で、伊豆の「本物の魅力」を発信します。独立2列シートの“プレミアムグリーン車”や麺専門の食堂車“ヌードルバー”も設置。現在主力の251系「スーパービュー踊り子」号の今後も注目されそうです。

残り1本の189系N102編成による「あずさ」、2018年のGWも運転

残り1本の189系N102編成による「あずさ」、2018年のGWも運転

毎年ゴールデンウィークになると中央線には臨時の特急列車が多数運転されます。その中の1本として、2018年の今年も189系による特急「あずさ」号が運転されました。残り1本となった189系、その姿を求めて多くの人が新宿駅に集まっていました。

JRのきっぷの「横浜市内」とは? 範囲の違いや使い方など、わかりやすく解説

JRのきっぷの「横浜市内」とは? 範囲の違いや使い方など、わかりやすく解説

東海道新幹線で新横浜駅まで行こうとJRの長距離きっぷ(乗車券)を買うと、きっぷには「横浜市内」と書かれていることがあります。このJRの「横浜市内」、実際の横浜市内と違い川崎市内も一部入っています。JRでの「横浜市内」の範囲とはどの駅までか、通常のきっぷとの違い、使い方などをくわしく解説します。

今年は189系N102編成とE257系500番台・Y159記念列車が運転決定

今年は189系N102編成とE257系500番台・Y159記念列車が運転決定

毎年5月下旬、横浜の魅力を発信するイベント「横浜セントラルタウンフェスティバル」に合わせて臨時列車が運転されていましたが、今年も189系による臨時列車の運転が決定しました。残り1本となった189系とともに、今年はE257系500番台でも運転されます。

中央線グリーン車、ついに2023年度末に導入決定。普通車にトイレも設置へ

中央線グリーン車、ついに2023年度末に導入決定。普通車にトイレも設置へ

延期となっていたJR中央線快速電車へのグリーン車連結が、2023年度末開始と発表されました。グリーン車には中央線の混雑対応で両開きドアを採用。あわせて普通車へのトイレ設置も発表されました。

【乗車レポート】E351系「スーパーあずさ」15号・新宿~甲府間惜別乗車〈写真26枚〉

【乗車レポート】E351系「スーパーあずさ」15号・新宿~甲府間惜別乗車〈写真26枚〉

ダイヤ改正を前に、3/16限りで定期運用から引退するJR東日本の特急「スーパーあすざ」用車両E351系。引退を前にしての乗り納めということで、3/1に短いながらも新宿~甲府間に乗車してきました。