阪急がなにわ筋線への直通を公の場で表明

新大阪連絡線 十三駅駅名標予想

画像:駅名標メーカーにて作成・なにわ筋連絡線と新大阪連絡線を予想したものです

先日、建設が決定したなにわ筋線へ、阪急電車の乗り入れが公の場で表明されました。

【追記】タイトルを一部修正しました。

なにわ筋連絡線は狭軌で整備

6月13日、阪急阪神HDの株主総会にて、株主からの質問に答える形で表明されました。

明らかになったのは、次のようなことです。

  • 北梅田駅(仮)〜十三駅間になにわ筋線へ直通する連絡線を建設
  • 十三駅は地下に設置。既存の路線とはつながらない
  • 狭軌線(なにわ筋線直通)用の車両を用意。ただしメンテナンス(整備・検査)は直通先に依頼

なにわ筋連絡線は既存の線路とはつながらない、狭軌での建設が明らかになりました。

また車両は造るものの、車庫を造れないためか保守は直通先に委託としました。現時点ではJRと南海のどちらに委託するかは不明ですが、なにわ筋線開業時には日根野(JR)か住之江や羽倉崎(南海)などに常駐するのだろうと思います。

新大阪連絡線も建設へ

同時に、十三駅〜新大阪駅間の新大阪連絡線の建設も明らかになりました。

5月に発表された長期計画で明かされていましたが、こちらも正式に決まったことになります。

2031年度末にはマルーンの阪急電車が関空へ

両線とも、開業予定の時期は明らかにはなりませんでした。

しかし、なにわ筋線の開業と同時か、遅くても数年ののちに北梅田〜十三〜新大阪間が開業するとは思います。

なにわ筋線計画は順調に進んでも開業が2031年度末とかなり先ですが、開業時にはマルーンの阪急電車が関空に乗り入れると思うと、夢のふくらむ話が進みそうです。

<参考資料>

スポンサーリンク

鉄道コムのブログランキングに参加しました

鉄道コム

「ゆけむりミルキーウェイ」をフォロー