2017年の小田急ファミリー鉄道展・EXEαが横並びで展示

てつブログ車両

10月21日(土)に小田急ファミリー鉄道展に行ってきました。本来は22日(日)にも開催予定でしたが、台風の影響で22日の車両展示は中止になったので21日に行ってきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年は台風の影響の中、1000形箱根登山色と30000形EXEαが展示

昨日(10月21日)に小田急ファミリー鉄道展に行ってきました。

当初は今日日曜日に考えていたのですが、台風の影響で日曜は中止との情報が出たので、急遽行ってきました。海老名に着いたのは入場が閉まる10分くらい前でした。しかしその分人は減っていて、撮影はしやすかったです。

……と言いたいところなんですが、実際のところは雨が降っているので傘を差しながらの撮影ということで、後ろの人の視界を邪魔しないかと思いながら撮影しました。でも時間が遅かったので、人数自体が減ってきていたのでピーク時に比べるとだいぶ楽だったと思います。

小田原寄り前面

前振りが長くなってしまいました。今回の展示は、1000形箱根登山色と、30000形EXEαです。EXEαは6両と4両に分けての展示になっていました。

入場口からは小田原方の先頭が近いので、まずはそちらからです。

1000形箱根登山色とEXEα4両付属編成。営業運転でこの2本が並ぶのはなかなかないかと思います。

さらに線路1本右側に移すと、EXEαの基本編成6両と付属編成4両の並びです。現在EXEαは1本だけなので、今のところ並ぶことはないですが、EXEαへリニューアルした編成がすでに出場しているので、今後は駅や沿線で並ぶシーンも見られそうです。

新宿寄り前面

海老名検車区内を新宿方面に移動して、1000形とEXEα付属編成の新宿方先頭です。

EXEα基本編成は6両なので、他の2本に比べると新宿寄りにおよそ2両分とび出ています。なので、こちらだけ編成単独での写真が撮れました。

展示は3本で天候も悪かったので早く引き上げる予定だったのですが、気がついたら30分くらいはいました。閉まる10分くらい前の様子ですが、終了が近いのと天候の影響でさすがに人は少なくなっていました。

2018年の展示車両予想

気が早いですが、来年の予想を。毎年、展示が行われるのは3本です。

1本目は、来年2018年春に登場予定の新型ロマンスカー・70000形。2018年の展示の目玉になるでしょう。

2本目もロマンスカー。最新70000形との対比としての展示で、60000形MSEか50000形VSE、7000形LSEのいずれかか、もしかしたら2本選ばれるかもしれません。

ロマンスカーが70000形ともう1本の合計2本ならば、残る1本は通勤車(直通先の車両含む)となりますが、これはさすがに予想がつきません。ラッピング車両などの特装車があればそれになるのでしょうけど、現状はラッピング車両もないので何とも……3000形10連化で1本ラッピングされたりしないでしょうかね~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鉄道コムにブログ登録中。
当サイト以外の多彩な写真・模型などのブログ、イベント情報、公式リリースなどが見られます。

鉄道コム

この記事をシェア!
ゆけむりミルキーウェイの最新記事が届きます!
関連記事・広告



ゆけむりミルキーウェイ

コメント

  1. Marantz より:

    最近、小田急ファミリー鉄道展に行ってません。
    ここ近年、小田急は正直ネタ展示車両(目玉の車両)がないです。
    EXEの更新車ではなく廃車になるLSE車とか1本くらい展示してくれれば行きました。
    8000系の機器未更新車とかあると思いますが。