2018.3.3複々線化! 小田急地下複々線化の特集ページ公開中。
【特集】小田急複々線化 ~工事中の仮設ホームや複々線化後のようす

小田急線ユーザー待望の「小田急アプリ」が6月7日配信

6月2日、小田急電鉄は運行情報や駅の情報を配信する公式アプリ「小田急アプリ」の配信を発表しました。

(各画像は小田急電鉄のプレスリリースより)

スポンサーリンク

主な機能

現在公表されているアプリの主な機能です。

列車位置の表示

小田急アプリ イメージ

小田急アプリ イメージ

路線図上に、走っているすべての列車の位置をリアルタイムで表示。

列車ごとに種別や遅延情報(1分以上の遅れ)も表示されます。

運行情報のプッシュ通知

小田急線内で列車の遅れが発生したときに、スマホにプッシュ通知してくれます。通知のON・OFFやタイミングは変更可能です。

駅の構内図・時刻表などの情報

各駅のホーム案内図・駅構内図が見られます。トイレ・ロッカーの情報がのっているほか、新宿駅限定でトイレ個室の空き情報もわかります。

「見える」駅の混雑状況

小田急アプリ イメージ

各駅の改札口付近の混雑状況を、背景画像と人型アイコンで見える化。実際の混み具合がイメージできます。

画像データは、駅構内設置のカメラ画像から人の部分をアイコン化(匿名加工)した上で、あらかじめ撮影した背景画像と合わせたものです。

震災時支援マップ・家族位置情報表示

災害発生時に役立つ、駅周辺の一時避難場所や公衆トイレの場所がわかる地図を表示できます。また地図上に家族の位置情報も表示できます。

対応OS・配信にあたっての感想

スマートフォンのみ対応(タブレットは非対応)となっています。

対応OSは、

  • iOS:8.0~10.0
  • Android:4.1~7.0

で、6月7日からApp Store/Google Playにて無料で配信予定です。

首都圏の鉄道各社で公式アプリが配信されてきたので、私も含め、利用する沿線の方にとっては待望のアプリではないでしょうか。

リアルタイムの位置情報は、駅の案内やHPでは「○○分遅延」と案内されていても、実際にどのくらい遅れているのかがわかるので、一度使うと便利で(私自身JR東日本アプリで経験済み)、もう単純な遅延情報の案内には戻れないですね。

現時点では発表されていませんが、他社アプリ(特に直通先の東京メトロアプリ)との連携ができるようになるといいかもしれませんね~。

<参考資料>

スポンサーリンク

鉄道コムにブログ登録中。
当サイト以外の多彩な写真・模型などのブログ、イベント情報、公式リリースなどが見られます。

鉄道コム

「ゆけむりミルキーウェイ」をフォロー