3/14・近鉄でダイヤ改正実施。「ひのとり」運転開始!【2020/3/14実施】

てつトピ 路線 列車

近鉄のダイヤ改正が2020年3月14日(土)に実施されます。

注目の新型特急「ひのとり」の運転開始、奈良線~阪神直通快速急行の土休8両編成化、名古屋方面特急で早朝に増発や時刻繰り上げ、生駒線での徐行運転解消や、一部路線で始発列車の時刻が早くなります。

  • 近鉄では「ダイヤ変更」と発表していますが、本ページでは他社に合わせて「ダイヤ改正」としています。
  • 下記目次の見出しが、ダイヤ改正の主な内容になっています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

特急列車

新型特急「ひのとり」が名阪特急(1日6往復)で運転開始。合わせて一部の名阪特急で鶴橋~名古屋間1時間台で運転開始します。そのほか、早朝の名古屋ゆき特急の新設・時刻繰り上げや、一部列車の運転区間短縮などが行われます。

新型特急「ひのとり」の運転を開始!

停車駅の少ない名阪特急(甲特急)で1日6往復運転。車庫への入庫兼用として、阪奈特急でも1往復走ります。

始発駅の発車時刻は、以下の表のとおりです。

なお「ひのとり」の乗車には、通常の特急料金に加え、距離に応じた特別車両料金が必要になります(レギュラー車両100円~200円、プレミアム車両300円~900円、いずれもおとな料金(こども半額))

「ひのとり」の発車時刻

  • 名阪特急(大阪難波~近鉄名古屋間)/平日
大阪難波発 近鉄名古屋発
8:00 7:00
10:00 11:00
13:00 13:00
14:00 17:00
16:00 19:00
20:00 20:00
  • 名阪特急(大阪難波~近鉄名古屋間)/土曜・休日
大阪難波発 近鉄名古屋発
8:00 8:20
9:00 12:00
11:00 14:00
15:00 16:25
16:20 18:00
19:00 19:00
  • 阪奈特急(大阪難波~近鉄奈良間)
運転日 大阪難波発 近鉄奈良発
平日 22:20 6:30
土曜休日 20:35 8:13

2021年3月までの名阪特急の車両投入予定

  • 2021年3月までに、すべての名阪甲特急(停車駅の少ない列車)は「ひのとり」で運転
    大阪難波発:毎時0分、土曜・休日のみ16:20/17:20/18:20
    近鉄名古屋発:毎時0分、土曜・休日のみ8:20/16:25/17:25/18:25
  • 2021年3月までに、すべての名阪乙特急(停車駅の多い列車)は「アーバンライナー」で運転
    大阪難波発:毎時30分
    近鉄名古屋発:毎時30分/5:58
  • 3月14日より運転する「ひのとり」はすべて6両編成で、6両×3本での運用です。2021年3月までに全11編成が投入される予定です。
  • 2020年2月1日(土)より、すべての特急列車が全車禁煙になります。
    「ひのとり」の喫煙室は3号車、「アーバンライナー」の喫煙室は、6両編成の場合3・6号車、8両編成では3・5・8号車にあります。

「ひのとり」の車内設備など、発表時の記事はこちら

近鉄の名阪特急に新型車両投入・グランクラスが関西デビュー!?21000系は転用か
近鉄で大阪と名古屋を結ぶ名阪特急に、2020年春に新型車両が登場することが発表されました。 今まで以上の快適なシートを装備し、ハイグレード車両は新幹線のグランクラスと同等。カラーリングま従来のイメージを一新する深い赤が特長で、これから...

名阪間1時間台運転開始

名阪特急にて、鶴橋~近鉄名古屋間で1時間59分運転開始。

対象の列車は、以下の列車です(平日/土曜・休日共通)。

  • 大阪難波発:11:00/12:00/13:00
  • 近鉄名古屋発:15:00/16:00

早朝名古屋着特急を新設/時刻繰り上げ

名古屋線の上り始発特急(松阪始発)の時刻を、より早く繰り上げ。朝6時台に名古屋に到着します。

あわせて名張始発・名古屋ゆき特急を早朝に新設。三重県内から名古屋へ、早朝のアクセスが便利になります。

  • 新設列車(名阪特急・区間運転)
    名張 5:41発/近鉄名古屋 7:08着
    停車駅:伊賀神戸・津・白子・近鉄四日市・桑名
  • 時刻繰り上げ(名伊特急)
    松阪 5:36発/近鉄名古屋 6:46着
    停車駅:伊賀中川・久居・津・白子・近鉄四日市・桑名

その他の特急列車改正内容

  • 列車新設
    • 奈良線(阪奈特急)の平日夜間上りに増発
      ※ 近鉄奈良 21:30発/大阪難波 22:03着
  • 運転区間短縮
    • 全日/大阪上本町 16:50発・鳥羽ゆき特急を、宇治山田ゆきに変更
    • 全日/大阪上本町 17:45発・鳥羽ゆき特急を、松阪ゆきに変更
    • 全日/大阪難波 18:10発・19:10発(土曜・休日のみ)・鳥羽ゆき特急を、宇治山田ゆきに変更
    • 平日/鳥羽 7:14発・大阪上本町ゆき特急を、五十鈴川始発に変更(7:23発)
    • 全日/鳥羽 8:18発・大阪上本町ゆき特急を、五十鈴川始発に変更(平日 8:26発/土曜・休日 8:27発)
    • 全日/伊賀神戸 5:44発(平日) 5:46発(土曜・休日)・大阪難波ゆき特急を、名張始発に変更(平日 5:50発/土曜・休日 5:53発)
    • 土曜・休日/近鉄名古屋 18:02発・鳥羽ゆき特急を、宇治山田ゆきに変更

一般列車

土曜・休日の、奈良線~阪神線直通快速急行を8両編成化。阪神尼崎駅での車両連結/切り離し作業がなくなり、所要時間も短縮されます。同時に運転時間も拡大。

その他では、生駒線の徐行運転が解消され、朝夕に生駒~王寺間を直通する列車が毎時4本に戻るほか、いくつかの路線で始発列車の時刻繰り上げが行われます。

奈良線/土曜・休日の阪神直通快速急行を強化

6両編成から8両編成へ、車両増結

土曜・休日の、6両編成の阪神線直通快速急行を、8両編成化(一部のぞく)。

尼崎駅などでの車両連結/切り離し作業がなくなることで、奈良方面では平均6分、神戸方面では平均1分、所要時間が短縮されます。

夜間の運転時間帯を拡大

神戸方面の快速急行最終列車を30分繰り下げ、近鉄奈良発 19:56になります。

奈良方面の最終は約1時間繰り下がり、神戸三宮発 21:20となります。

大阪線/平日早朝に急行を増発、上り快速急行を急行に変更

  • 上り列車(大阪上本町ゆき)

早朝時間帯に、上りで五位堂始発の急行を2本追加します(6:29発・6:46発)。

あわせて、上り快速急行3本を、急行に変更します。

  • 下り列車

早朝下りに、伊勢中川ゆき急行を増発します(大阪上本町 5:37発)。

同時に、大阪上本町 6:00発・五十鈴川ゆき急行は、6:14発・大和八木ゆき急行に変更します。

生駒線/徐行運転を解消、朝夕で生駒~王寺間毎時4本に復帰

2017年(平成29年)の台風21号被害による徐行運転が解消されます。

これにより、朝・夕方の時間帯で、生駒~王寺間を直通する列車が毎時4本に戻ります。

始発列車を繰り上げ

一部の路線で、朝一番の始発列車の時刻を繰り上げ(早く)します。

大阪線(上り)

  • 大和八木発の始発区間準急を、5:00発に変更(8分繰り上げ)
  • 河内国分発の始発区間準急を、5:11発に変更(4分繰り上げ)

南大阪線・長野線(上り)

  • 富田林発の始発準急を、5:20発に変更(5分繰り上げ)

名古屋線(上り)

  • 白塚発の始発普通を、5:06発に変更(4分繰り上げ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェア!
ゆけむりミルキーウェイの最新記事が届きます!
関連記事・広告



ゆけむりミルキーウェイ

コメント