北海道新幹線3時間台を目指し青函トンネルで160km/hの速度向上試験を実施。でも利用者増には別の施策も必要?

国土交通省とJR北海道が、2018年度に北海道新幹線の青函トンネルで160km/hでの走行試験を行うことが明らかになりました。

160km/h走行で安全が確認できれば、2019年春にも営業運転開始し、東京~新函館北斗間が3時間台での運転となりそうです。

しかし実際のところ、北海道新幹線を多く利用してもらうためには、速度引き上げによるスピードアップ以外の点も必要と思われます。

スポンサーリンク

東京~新函館北斗間3時間台を目指し、160km/h走行試験

東京~新函館北斗間は、現在最短4時間2分で運転しています。

東京~新青森間713.7キロは最速2時間59分で走っていますが、青函トンネル内での最高速度が140km/hになっているため、新青森~新函館北斗間の148.8キロで1時間1分かかっています。

このため、東京~新函館北斗間を3時間台での運転を目指して、青函トンネル内での160km/運転の速度向上試験を実施することになりました。

走行試験の結果、安全が確認されれば、2019年春にも東京~新函館北斗間が数分短縮されて3時間台での運転が開始されそうです。

現在は貨物列車とのすれちがいを考慮し140km/h運転

青函トンネルは新幹線と貨物列車で共用していて、すれちがう時に貨物列車の荷崩れを起こさないよう考慮し、現在は新幹線の最高速度が140km/hになっています。

160km/h走行試験では、貨物列車とのすれちがう場合とすれちがわない場合でも比較され、実際に運転可能な速度を検証するようです。

将来は200km/h超での運転も

北海道新聞の記事によると、200km/h超での走行試験も検討しているようです。

もしかしたら2019年以降も試験を続けて、札幌開業時には200km/h超で営業運転されるかもしれません。

200km/h超で運転されれば、現在よりも10分以上短縮される可能性もあり、速達性も向上します。そうなると新幹線の利用客も増えるかもしれません。

背景には利用者数の落ち込みが?

NHKの記事によると、今年9月までの半年間で、利用者数が前年同時期より23%減少しているようです。伸び悩みどころか減少です。

東京~新函館北斗間が4時間を超え、心理的に利用するハードルが上がっているのかもしれません。

160km/h走行試験は利用者数減少に歯止めをかける目論みで実施するようです。

速度向上以外にも利用者数増の施策を

利用者数減少の理由として、実際のところは最速列車でも4時間以上かかることに加えて、

  • 新函館北斗駅が函館市街から遠く、函館駅まで最速で15分かかる上、快速の本数も少ない
  • 東京~新函館北斗間最速の「はやぶさ」の本数が少ない

こともあるのではないでしょうか。

新函館北斗駅での乗り継ぎ時間と「はこだてライナー」所要時間の速達化を

函館~新函館北斗間は「はこだてライナー」が結んでいます。ここで種別を書かなかったのには理由があり、「はこだてライナー」には途中五稜郭駅のみ停車の快速列車と、各駅に停車する普通列車の両方があります。普通列車では20分以上かかります。

新幹線と「はこだてライナー」(在来線)の乗り継ぎにも10分~20分程度かかるため、実際に時刻表の乗り継ぎ時刻を見ると、東京~新函館北斗間は4時間30分~5時間9分(下り)・5時間19分(上り)かかります。

これでは東京~函館間では飛行機利用に流れてしまいます。JR北海道には新幹線と在来線の接続時間(待ち時間)の改善、ライナーの速達化なども必要ではないでしょうか。

東京~新函館北斗間速達列車の増加を

また、現状の新幹線ダイヤにも問題があり、最速達列車が少ないのが問題です。

現在、東京~新函館北斗間を4時間2分で走る最速達列車は、次に挙げる1.5往復です。

  • 下り
    • はやぶさ5号(東京8:20発→新函館北斗12:22着)
    • はやぶさ11号(東京9:36発→新函館北斗13:38着)
  • 上り
    • はやぶさ34号(新函館北斗17:21発→東京21:23着)

北海道直通の「はやぶさ」の速達化にとってネックとなっているのが、東京~盛岡間で「こまち」を併結している列車が多い点です。

「こまち」併結なしでは盛岡駅の停車時間が1分なのに対し、併結ありの場合では5~6分かかります。最速達列車はすべて併結なしの「はやぶさ」単独運転です。

東京~秋田間の速達性も考慮しないといけないので難しいところではありますが、JR東日本にも「はやぶさ」単独運転の増加など速達化を検討してもらいたいものです。

スポンサーリンク

鉄道コムにブログ登録中。
当サイト以外の多彩な写真・模型などのブログ、イベント情報、公式リリースなどが見られます。

鉄道コム

「ゆけむりミルキーウェイ」をフォロー